2006年10月28日土曜日

TLR200 交互点滅 その2

先週取り付けた、交互点滅ウィンカーのアイドリング時の明るさです。

2006_1028burattoclub0001.jpg

もちろん少し回転を上げればもっと明るくなりますが、この明るさでも気になる程では有りません。
しかし、ブレーキランプを点灯させると・・・

2006_1028burattoclub0002.jpg

カメラの絞りが変わってますが、こんな感じです。ちょっと気になる明るさですねぇ。が、交互点滅方式はこの明るさでも問題無く点滅します。
で、さらに消費電力を下げるべく、ウィンカー球を12V/10Wから12V/8Wに下げたのですが大して変わらずで、これが限界のようです。アイドリング時の発電量が8V余りですので、仕方がありませんね。
6Vバッテリーレスで有れば、アイドリングの電圧でも問題無いかもしれません。
ま、暗くなると言っても確実に点滅してますし、ほんの少し回転を上げれば問題の無い明るさ、12Vバッテリーレスとしては充分だと思います。


2006年10月22日日曜日

TLR200 交互点滅

バッテリーレスにした場合、全ての灯火類を点灯するとアイドリングではウィンカーが点滅しなくなります。
ですので、私のTLM80は前後を交互に点滅させ、消費電力を抑える交互点滅方式に変更しています。
TLM200以降のホンダのバッテリーレス車は、全て交互点滅になってますので、ランプのちらつきを抑えたり確実な点滅を実現するのに、大きな効果が有ると分かって頂けると思います。
12VバッテリーレスTLR200も、同じく点滅しませんので交互点滅に変更します。

2006_1022burattoclub0009.jpg

必要な物はTLM200/220の集中スイッチと、TLR250やCRM50/80に使用されてる直流用で3端子のウィンカーリレーです。TLM200/220のウインカーリレーは交流用ですので使用出来ません。
また、バッテリーレス車の集中スイッチは電源が1系統になってますので、少し改造が必要になります。
この改造部分を含め、ページとしてご覧頂くのには中々纏まらない状況です。
さらに、使用するウィンカーリレーは12V用で有りながら6Vでも使用出来る可能性が有り、6Vでのテストもしておこうと思ってます。
と言う事で、今しばらく、あと少し、元気いっぱいお待ちください。

<ちょっと追記>
先ほどテスト走行&確認をしました。期待通りアイドリングでも確実に点滅するようになりました。
が!TLM50/80の感動は有りません。思ってたより、TLM50より、50ccの発電機より、充電系の発電量が少ないようです。ブレーキランプ(充電系)を点灯させると、暗くて情けない点滅になりました。アイドリングを高めにすれば問題解決なんですが、それで許されるような甘い世界では有りません!(どんな世界や)
発電量が少ないのなら、消費電力を抑えるしか有りません。次回はW数を落としてテストしてみまーす。ブレーキとウィンカーで9W落とせるもんね。


2006年10月15日日曜日

TLR200 F.スプロケ

でぃ~さんお勧め14Tに交換しようと、GB250クラブマンのF.スプロケを手に入れました。

2006_1014burattoclub0001.jpg

両面に消音ゴムを貼った高級品。社外品より高かった。さすがホンダ純正部品です。

で、付けます。

2006_1015burattoclub0001.jpg

ありゃりゃ。浮いてます。浮いてますよー。どーするのー?

2006_1015burattoclub0004.jpg

上がTLR200用、下がクラブマン用です。先端の厚みが違いますねー。同じチェーンサイズ520でも、微妙に幅が違ったようです。このまま使うとチェーンに負担がかかり、危険ですので今回は諦めましょう。

さらに、でぃ~さんお勧め改良を施しました。

2006_1015burattoclub0003.jpg

エアークリーナーケースのインレットキャップを外すと、パワーアップすると言う物です。
確かに吸気抵抗に成ってるようですし、TLR200が現役の頃は、皆さん外して居られたような気がします。

2006_1015burattoclub0008.jpg

ドライバーでコジッたら簡単に外れました。

2006_1015burattoclub0007.jpg

200ccですから、これ位の吸気口は必要でしょうね。
スタンダードセッティングのまま走ってみたのですが、加速が鋭く成ったように思います。ただ、ヒートしてるのかアイドリングへの落ちが若干悪くなったようです。
外しただけですので、エアースクリュー調整やジェットの選定で変わるのでしょう。このままセッティングを続けてみます。


2006年10月14日土曜日

TLR200 ステップ交換

ハンドルアップ、前輪交換に続き、TLR200欠点改良第3弾です。

手に入れてからず~と気になってたステップ。余りに小さく、スタンディングもままならないので思い切って交換しました。
使用したのは、TLM80で使ってたベータ用(テクノ/REV-3)です。

2006_1014burattoclub0004.jpg

長さも幅も全然違います。ピン穴がほぼ同じなので、無加工で付けられそう?

2006_1014burattoclub0006.jpg

しかし、僅かにベータステップの幅が広く奥まで入りません。
此処は、お約束のヤスリ掛けで対処し、ピン穴の確認。

2006_1014burattoclub0008.jpg

2㎜位ズレてます。
ステップの奥側を2mmカットすれば良いのですが、広がり防止?の鉄片が溶接して有ります。カットした後、同じ様に鉄片を溶接しなければ強度が無くなりそうです。
TIG溶接が使えれば溶接で対処したい所ですが、溶接機を使わせて貰ってるバイク屋さんのガスが切れ、現在アーク溶接しか出来ませんので、今回は諦めてヤスリで長穴にする事にしました。

2006_1014burattoclub0009.jpg

6mmの丸棒ヤスリで20~30分。
これもお約束の、組んでは外し組んでは外しで、少しずつ削ります。

2006_1014burattoclub0011.jpg

左側完成!
おおーっ!なんて素晴らしいんだ!(リターンスプリングもカラーもベータ用です)

2006_1014burattoclub0018.jpg

同じく右側完成!
マンモスうれぴー!でも、右側にはリターンスプリングが入ってません。

2006_1014burattoclub0016.jpg

実は、ステップが長くなったのでキックが当たるんです。

2006_1014burattoclub0017.jpg

で、ステップを畳んでキックする為に外して有ります。

今回も?思ってたより素晴らしい出来上がりでした。当然スタンディングし易く、ほんの少しですが着座姿勢も楽です。(僅かに踏面が下がってます。気になる方は、ブレーキペダルとチェンジペダルの調整が必要かも知れません)
今回はベータ用でしたが、モンテッサやガスガス用も同じ取り付けのようですので、少しの加工で付けられるようです。私と同じ様に、ステップが気になる人にはお勧めの改造です。


<10月15日:追記>
近場の林道を走ってみました。

2006_1015burattoclub0013.jpg

ベータステップ最高でした。
加重、抜重がし易くなり、ターンも楽。本当に素晴らしい。