2008年12月13日土曜日

TLR200 ブレーキシューの交換

先月の末にカムの戻りが悪くなったのですが、ピボット部分に601を吹きかけて誤魔化していました。
しかーし、やっぱり、さっぱり戻りが悪くなったので、きっぱり交換しました。

2008_1213buratto-club0001.jpg

見事に減ってますぅ。
ホンダのマニュアルでは使用限度:2㎜以下交換となっているんですが、上側の一番薄い所で1.2mmほどしか有りません。これでは戻らなくなっても仕方が有りませんねー。

2008_1213buratto-club0006.jpg

カムの摺動部、アンカーピンに薄ーく耐水グリースを塗り、組み立て完了。
どうと言う事も有りませんが、リターンスプリングがホンダ純正より少し強いようです。

2008_1213buratto-club0007.jpg

チェーンの伸びなどによって、チェーンアジャスターの尖がった方が下を向いてしまったりします。これでは岩などにヒットしてNGですので、ひっくり返して上向きにします。

2008_1213buratto-club0008.jpg

んがっ!TLRは(2本サス車は)ショックの取り付け部分に当たってひっくり返せませんね~ 残念。
仕方がないので、そのままの向きで締め付けましょう。

仮締めをしてから後輪を空転させてブレーキを掛け、当りを出した状態で膝でタイヤを前に押しながら締めつけます。チェーンアジャスターを回り止めの突起にしっかり当てるためです。
締め終わったら、真後ろからチェーンラインの確認をして出来上がり。
アジャスターの数字は正確では有りませんので、目視で確認しています。当然ズレていればやり直しです。

天の橋立の股覗きのように、股の間から見るとズレが発見しやすいとか聞いたことが有ります。
私は普通に見ていますが・・・