2009年1月26日月曜日

TLR200 ニードルピン製作

ハイカムを組み込んだ事によりセッティングが濃くなってしまったので、お馴染のニードルピンの製作に入りました。

2009_0126buratto-club0001.jpg

今回もφ3の真鍮棒で作ります。
で、ノーマルピンを外したらクリップ位置が2段目で、もう一段薄くする余裕が有りました。と言う事で作る必要は無いかも知れませんが、勢いで作っておきます。

2009_0126buratto-club0006.jpg

はっ、砂金だ!(はいはい)
買い置きの真鍮棒が曲がっていて、削りにくくてなかなか平坦になりません。結構苦労してます。

2009_0126buratto-club0015.jpg

一応こんな按配です。ノーマルピンに比べるとかなり薄くなると思いますが、まだ使ってません。
ノーマルピンに1段余裕が有ったので、クリップ位置を最上段にしてテストしています。
でもって昨日のテスト結果は、クリップ位置最上段エアースクリュー開度2回転半で、中速部分は良い感じになってきました。エンジンブレーキの効きは今ひとつ、2st.並でしょうか?スロージェットを小さくしたい所です。
さらに、アクセル全開が回りません。メインジェットも変更してみなければなりませんね。
しかし、中速部分が乗りやすくなると印象が変わります。ピンも削れたし、0.6mmハイカムでもう少し乗ってみましょう。


2009年1月18日日曜日

TLR200 ハイカム組み込み

早くしないと雨が降りそうなので、朝一番に組み込みました。

2009_0118buratto-club0002.jpg

右が取り出したノーマルのカム。左が0.6㎜ハイカムです。
交換するだけなので問題は無いんですが、タペット調整で改めて0.6㎜の差を感じました。結構捻じ込まないと規定のクリアランスになりません。
で、エンジン始動!んんん、パワーアップは感じられません!アイドリングしません!
僅か0.6㎜リフト量が増えただけなんですが、ハイカムの悪い部分が感じられるだけです。
「ふ~ん」と言う事でテスト走行に出発。
何時もの小関峠でアイドリング調整。アイドルスクリューでアイドリングを出すと、回転の落ちが悪くなりエンジンブレーキが効きません。
エアースクリューを3回転まで戻した位置で、ほぼ最低回転数でのアイドリング。これ以上はどうしようも有りませんね。
ニードルクリップも薄い方向へ振りたいのですが、確か一番上になっていた筈でどうしようもないと諦めて、山道でのテスト走行に出発。
上りで極端にパワーが無く調子が悪い。しかし、山道はすべてクリーンで走破出来るくらいの調子の悪さ。やはりクリップ位置が問題のようです。

2009_0118buratto-club0008.jpg

あらまよ~。
去年から、この辺りの木にビニール紐を巻いて有ったので何だろうと思っていたんですが、木を切る為の目印だったようです。

僅か0.6㎜されど0.6㎜。やっぱりハイカムですね~。
微妙にセッティングが合っていないので、もう少しセッティングしてみないと結論が出せないのですが、今日のテスト結果では「山道とトライアルはノーマルカムが一番!」でした。残念!!


2009年1月17日土曜日

TLR200 ハイカム完成?

サンダーでの荒削りを考えていたんですが、イーハトーブさんのアドバイスでルーターに変更しました。
これが正解。細かい作業ですのでルーター以外では無理ですね。

2009_0117buratto-club0003.jpg

鋼だと思い込んでいたんですが、思ってたより柔らかく粘りの有る鉄でした。
ヤスリも普通に掛けられ、ダイヤモンドヤスリとオイルストーンでチマチマ削る覚悟をしていたんですが、ヤスリが使えれば仕事が早い、さくさく削ってオイルストーンでならして出来上がりです。

2009_0117buratto-club0007.jpg

0.6㎜削りました。って、これだけでは解りませんね。

200901170008.jpg

ノーマルのカムシャフトです。真ん中のカムの下を比べて貰うと分かりますね。

と言う事で一応完成しました。
しかーし、本当に丸く均一に削れたのか?調べたいですねー・・・が、調べられません!(きっぱり!)
ダイヤルゲージを持っていないのどえーす。マンモス困りましたーっ!
と言いながら、明日組んでみませう。


2009年1月12日月曜日

TLR200 ハイカムを作る

あれです。なんかやる気が出ないので、引きこもってます。
そんなこんなで部屋の中で出来そうなバイク弄りを始めようかな?と・・・

以前、ヨシムラのお知らせで、ホンダのCB750だったかのカムシャフトが欠品になったので、スズキGSXのレーシングカムシャフトが製作できなくなりました。と、
言うのが有りました。
ホンダの部品をブランク材として、スズキのカムシャフトを作っていたんですねぇ。面白いです。
ヨシムラのように、4気筒DOHCのカムシャフトは削れませんが、シングルのOHC用だったら誰でも削れそうですので、TLR200のカムシャフトでポップ吉村の真似事をしてみよう!と、言う事なのどえーす。

cam.jpg

カムの形状はエンジンの特性に影響しますので、形状は変えずリフト量をふやすだけにしておきます。
オーバーラップがどうの、バルブタイミングがどうのと言われても分かりませんし、このTLRのカムシャフトは、トライアルに向いているカムプロフィールになっているはずですので、リフト量を大きくして吸気量を増やし、少しでもパワーアップしてくれれば良しとしましょう。
とりあえず赤丸くらいまで、0.5~0.6㎜削ってみませう。


2009年1月5日月曜日

TLR200 ディスクブレーキ用ステムCOMP

アンダーブラケットは使わないので・・・
叩く。殴る。どつく。しばく。くらわせる。と言う、ありとあらゆる荒業を駆使してみました。

2009_0104buratto-club0006.jpg

これでいいのだー・・・
これでいいのねー・・・

2009_0104buratto-club0008.jpg

取り付け部分の径を測定してみると、TLR200のステムパイプ27.00mmに対しTLM220のステムパイプは27.35mm、思っていたより差が大きかったどえす。
0.35㎜はでかい!このまま差し込むと、ゴソゴソでユルユルかもー。

2009_0104buratto-club0011.jpg

なので、太らせなければいけません。
絶縁テープでマスキング。

2009_0104buratto-club0016.jpg

お馴染の?サンポールメッキです。
メッキをしてはワイヤーブラシで擦り又メッキをと、繰り返す事10回?

2009_0105buratto-club0024.jpg

これでいいのだー・・・
これでいいのねー・・・

27.30~27.35㎜になりました。

2009_0105buratto-club0025.jpg

やっぱり油圧が欲しいっす。
ギヤプーラーで無理やり押し込むのは大変でした。

2009_0105buratto-club0031.jpg

完成。TLR200ディスクブレーキ用ステムCOMPの出来上がりです。
次は、ディスク用前輪を何とかしなければ───っ!!


2009年1月3日土曜日

TLR200 油圧プレス

え──、去年の話題です。
史上最大の忘年会が「ピット・N」にて開催され、不肖このわたくしも参加してきました。
目的は、普段会えない某バイク屋さん仲間に会う事なんですが、もう一つ!油圧を借りたかったのでした──っ!
とりゃ──っ!

2009_0102buratto-club0013.jpg

パーツの大きさによって下の部分を移動して合わせるんですが・・・
TLRのステムは中途半端な長さで、受け部分の鉄の台?が使えず、直接乗せて無理やり押してみたのさっ。す・る・と・・・

2009_0102buratto-club0017.jpg

( ̄∀ ̄;)んげっ・・・曲がっちゃいました。ま、いっか。(いいくねー)
こちらはステムパイプ部分を使うだけなので、サンダーでカットしてパイプだけ取り出しましょう。

2009_0102buratto-club0024.jpg

右側のTLM220用は、台が使えたのでスッポリ簡単に抜けました。
で、改めて忘年会に参加。無事に酔っ払い、「ピット・N」さんの前のガードレールにゲロを吐いて帰ってきました。(*_*;)
いやー、よい年でした。って、「ピット・N」さんゴメンね。これに懲りずに、またオジサンと遊んでねぇ。(^_^)えへっ。