2009年3月23日月曜日

TLR200 ベーパーロック対策

ネットで「AJP」を検索していたら、エアーが発生しやすいと書いているページが有りました。
エアーが発生しやすいと言う事は、ブレーキングの熱でフルードが沸騰してしまうベーパーロックを起こしているのかも知れません。
で、思い出したのがロードモデルで行われるフェード対策です。これはパッドとピストンの間に、断熱材としてガスケットシートを挟み込む方法です。
ひょっとすると、ブレーキ鳴きの対策にもなるかも知れないと、テストしてみました。

2009_0323buratto-club0002.jpg

作業は非常に簡単です。先ず、パッドで形取りをして切り抜きます。ガスケットシートは手持ちの0.5㎜厚を使いました。
これを・・・

2009_0323buratto-club0009.jpg

ご覧の様に、パッドとピストンの間に入れれば出来上がりです。
が、新品パッドの場合は隙間が無くて入れられないかも知れませんね。

フェード現象やベーパーロックに対する効果は直には分かりませんが、音が無くなったのか言えば、反対にうるさくなりました。
やはり、あの針金とパッドの当り方が重要なようで、弄った事でせっかく消えていた音が、少し復活したんですぅ。
なので、スペイン人もびっくりする、オリジナルな針金を考えてみたいと思う、今日この頃ですねん。
ほんじゃね~

<追伸>
今日ガス欠症状が出ました。

先週直したろうが、えっ!直してやったろうが、えいっ!えいっ!えいっ!と、切れかけたのですが・・・
普通にガス欠でした。チャンチャン。


2009年3月21日土曜日

TLR200 500円パッドのテスト&純正ボルト入手

500円パッドが届きました。

2009_0321buratto-club0004.jpg

メーカー名も国名も無く、全くの無印です。
早速テストしてみませう。

2009_0321buratto-club0006.jpg

今まで使っていたのはガルファーでした。
まずい事に、キャリパーの取り付け位置の問題で一部当っていない所(前側)があります。定期的にヤスリで削らなければなりませんねー。

で、交換して走り回って水も掛けてみたんですが、ガルファーほどには効きません。2本指でもロックするかしないか程度です。
やはり500円。無印良品とはなりませんでした。
直にガルファーに戻したのは言うまでも有りませんね。
効かないパッドを経験すると、ガルファーの効く事効く事。スコンとフロントフォークが入ります。

2009_0321buratto-club0008.jpg

AJPにはNISSINのようなパッドスプリングが無くて、この針金を曲げたバネのような部品が、ハンガーピンとパッドスプリングを兼ねているようです。
で、より強くパッドの振動を抑えようと、左のように広げて付けた所、キーキー音がましになりました。もう少し曲げ方を工夫すると、音がしなくなるかも知れません。

2009_0321buratto-club0010.jpg

ホンダの純正ボルトも入ってきました。
M8L55㎜が63円。M8L25mmが58円×3本。計237円の安全です。

2009_0321buratto-club0014.jpg

これで、ブレーキスイッチを残してディスク化は完成です。

ご清聴有り難うございました。


2009年3月20日金曜日

TLR200 パッキンが・・・

一年ほど前からでしょうか?月に1~2回?走行中にガス欠症状でエンジンが止まるようになりました。
その度にコックからガソリンホースを外し、口で「プーッ」と吹いてガソリンが流れ落ちるようにしていたんですが、とうとう昨日の夕方吹いても通らなくなりました。
仕方が無いので、フロートチャンバーを外して(TLRはバネで止まってるので、キャブを付けたままで外せます)、指でフロートを動かして走れるようにしたんですが、いよいよ本気で原因を究明しなければと、キャブをバラしてみました。

2009_0320buratto-club0014.jpg

かなり腐食していますが、フロートの動きにもフロートバルブにも問題無いようです。
さらに見ていると・・・

2009_0320buratto-club0015.jpg

パッキンの一部が内側に入っていてフロートに擦った後が・・・
フロートが画像の位置だとパッキンとは充分な隙間が有るんですが、フロートが左に寄った時に引っ掛って動かなくなっていたんですねー。
分かってしまえば簡単。
パッキンに癖が着いているので、接着剤で正しい位置に張り付けてフロートチャンバーを取り付ければ修理完了。
以上、一年もほったらかしにせずに、直に見ろよっ!って話でしたぁ。


2009年3月17日火曜日

TLR200 強度不足

一般的なSUS304のステンレスボルトでは強度不足なので、バイク用の鉄ボルトに交換しました。
これで安心。何処でも下れます。(はいはい)

2009_0317buratto-club0004.jpg

このボルトは52s(8mm厚)のサポートを作った時の物ですが、少し短いのでワッシャーを省きました。
正しい長さの物をホンダに発注した方が良いかもです。

2009年3月16日月曜日

TLR200 ボルト&スイッチ

今日はどうしても山を越えて河原町方面に行かなくてはならなかったので、ついでにネジ屋さんとマルツに寄ってきました。

2009_0316buratto-club0003.jpg

山科区と大津市のホームセンターには無かった、M8L55㎜のステンレスソケットボルトです。
5本で420円でした。
(一般に販売されているステンレスボルトは強度不足で、力の掛かる部分には使えません。メーカー純正のハイテンボルトを使用して下さい)

2009_0316buratto-club0012.jpg

早速取り替えました。(キャリパー側の上のボルトが55mmです)
と、もう一つ。

2009_0316buratto-club0008.jpg

ブレーキ用にオムロンのマイクロスイッチが欲しくて、寺町のマルツへ行ってきました。
マイクロスイッチを見ていると、押してOFFと言う、ブレーキにピッタリのスイッチが有ったのでこちらを買ってきたのですが、有ろうことかネジサイズがM7でした。
こんな特殊サイズのタップは、おいそれとは手に入りません。
有ったとしても、AJPのブレーキスイッチより高いでしょうねぇ?
どうしたものか・・・

<3月17日:追記>
ヤマドリさんからのコメントで、ホームセンター等で手に入るステンレスボルトでは強度不足では無いかとの指摘を受けました。
まさにその通りで反論のしようが有りません。
以前アンダーブラケットのボルトをステンレスに交換した、'98テクノのボルトが折れたのを実際に確認し、強度不足を認識しているにも関わらず、さも使えるが如くブログに書き込んでしまいました。
ホームセンターなどで一般的に売られているステンレスボルトは、7T程度の強度ですので、力の掛かるフロントフォークやブレーキ部分には使えません。バイクメーカーのハイテンボルトを使用して下さい。
申し訳有りませんでした。お詫びして訂正いたします。


2009年3月14日土曜日

TLR200 ガセネタ?

むか~しむかし、ふぁんてぃっくと言うバイクに乗った人が、ブレーキが効かないと言っては、プレートに水を掛けて走り回っていました。何度も何度も繰り返し、熱を持ったプレートからは湯気が上がっていました。
どう言う理屈で効きが良くなるのかは分かりませんが、外車とはそう言う物なのだろうと、NISSINしか知らない私は遠目に眺めていました。

2009_0314buratto-club0002.jpg

と、そんな事を思い出した私は「AJPだっしぃ、ひょっとするとひょっとするかもぅ・・・」と、試してみました。
水を掛けては走り、走っては水を掛け、繰り返す事数十分。
「んんー、変わらないんですけどぉーっ!」

「六甲のおいしい水」じゃないと駄目なんでしょうかーっ!それともっ・・・「エビアン」なのでしょうかーっ!
(はいはい)


2009年3月8日日曜日

TLR200 ブレーキホース 取り回しの変更

TLM220用に比べてですが、ブレーキホースが短くて引っ張られています。
(+_+)nantikasinakuttya・・・・・と言う事で、取り回しを変更しました。

2009_0308buratto-club0009.jpg

今までの取り回しです。
ブレーキホースが短いので、いけない事を承知でクラッチワイヤーの内側を通していました。正しく通す為にもブレーキホースの取りまわしを変更しましょう。
元々ヘッドライトが薄くて小さいGASGASに付いていた物ですので、TLRの大きいヘッドライトの外側を通す事に無理が有ります。

2009_0308buratto-club0011.jpg

ホースガイドをコンビネーションスイッチブラケットと共締めして、ヘッドライトケースの中を通しました。
小さな変更ですが、これで正しい位置にブレーキホースを通しても、ツンツン引っ張られるような事は無くなりました。
バッチリでんがな。


2009年3月3日火曜日

TLR200 新たなキャリパーサポートの製作

11.45㎜厚の超々ジュラルミンを、ほっそ~い糸ノコで切るもの・・・

2009_0301buratto-club0002.jpg

キコキコ・・・ キコキコ・・・ キコキコ・・・

( ̄∀ ̄;) おぅまい!がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーっ!
す、進まないんですけどぉ。

2009_0301buratto-club0004.jpg

数時間経過・・・

\( ^o^ )/ 嬉しいの?嬉しいのね?エネゴリくん!ナルシストなのね!筋金入りのナルシストなのね?エネゴリくん!

2009_0301buratto-club0009.jpg

確認のための仮付けです。
前回とキャリパー位置を変えたので、さらにブレーキホースの取りまわしがキツクなりました。(+_+)nantokasinakuttya・・・
でぇ、7075は腐食しやすいと言う事でアルマイト処理に出そうかとも考えたんですが、結局塗装ですませました。

2009_0302buratto-club0003.jpg

残り物、ホンダ車のアイスブルーです。
ブルーアルマイトに見えませんか?(>_<)見えませんね。塗装ですから。

2009_0302buratto-club0008.jpg

と言う事で、細かい部分は残っていますが完成どえす。

行き当たりばったりでしたが、AJPの2ポットキャリパーが付けられたと言う事は、最新の4ポットキャリパーもこのままで付けられる筈?
これで効かなければ4ポットっすかぁ?


2009年3月2日月曜日

TLR200 ディスクプレート交換

(^0_0^)うぷぷ。
新品プレートに交換しちゃいました。

2009_0301buratto-club0006.jpg

先週は雨続き。ブレーキを掛ける度に、ペースト状になった錆びが潤滑剤の役目をしてくれたようで、TLR200のドラム程度にしか効きませんでした。
ディスクなのにねぇ。

2009_0301buratto-club0013.jpg

で、新品のプレートに期待していたんですが、アタリが出ていないからなのか、はたまたTLRが重過ぎるのか、今の所納得出来る効き方では有りません。
2本指だと「おっ!」と言う効き方をしますので、アタリが出てくれば良くなるのでしょう。

2009_0301buratto-club0018.jpg

モンテッサの前輪ですので、TLM220のスピードメーターギヤが付けられずサイクルコンピューターになっています。
TLM220やTLM80の時はキャリパー側にセンサーを付けていたんですが、今回はキャリパー側には付けるスペースが無くて右側です。
配線をブレーキホースに沿わせてハンドル位置まで引きますので、キャリパー側の方が都合が良いんですが仕方が有りません。スタビライザーの所で左側に持っていきました。

2009_0301buratto-club0017.jpg

ノーマルのスピードメーターが無くなったので、パイロットランプがむき出しになっています。何とかしなければ・・・
フロントブレーキスイッチも付いていませんので、AJP用を購入するかオムロンのマイクロスイッチで製作しなければなりませんねー。

まだまだ細かい作業が残っています。