2009年7月25日土曜日

TLR200 CYCLE WORLD

ネタは山盛り有るんです。ネタはね。ちっとも困ってないんですよね~
(はいはい)

TRIAL JOURNAL(現StraightOn)第3号に掲載された、サイクルワールド(現ETOS)の広告です。

cycleworld.jpg

再販してもらうと、それなりに売れそうに思うんですが・・・

2009年7月20日月曜日

TLR200 続ボアアップ考 1985年の広告

TRIAL JOURNAL(現StraightOn)創刊号に掲載された、「ホンダショップ和光」の広告です。
当時は「TLR220」を360,000円で売ってたんですねー。この広告は何度も見た筈なのに、気づきませんでした。

「220キットB」を見ると、クランクケース加工が必要となっています。と言うことは、220シリンダーはスリーブが打ち換えられていて、そのままではケースに入らないのかも知れませんね。

20090720001.jpg

今日も、「暇を持て余しまくった、オッサンのあ・そ・び・」でした。

2009年7月18日土曜日

TLR200 ボアアップ考

今日も、「暇を持て余した、オッサンのあ・そ・び・」 です。

私はTLM50、TLM200、TLM220と乗り継ぎましたので、TLR200やRS220については門外漢で、当時どのようにボアアップしていたのか、また流用出来るパーツは何なのかを知りません。
で、オークションでRS220を検索したら、220用のシリンダーが出ていました。

20090718001.jpg

TLR200は65.5φですが、RS220用は1.5mm大きくて67φだそうです。

20090718002.jpg

しかし、刻印はTLR200と同じ194㏄です。おそらくTLR200やXL200Rと同じシリンダーだと思われます。
と言うことは、HRCがスリーブ(ライナー)を入れ替えていなければ、TLR200のシリンダーも67φまでボアを広げられると言う事になります。
となると67φのピストンは・・・?
HRCのRS220用で手に入るとは思えません。

そこで!T.K.R.J.のピストンキットです。
(XL-200R/XL-200 用です。TLR200で使えると確認した訳では有りません)

20090708004.jpg

スタンダードサイズはTLR200と同じ65.5φなのですが、2㎜までオーバーサイズが有ります。
圧縮を合わせなければならないかも知れませんが、これで排気量が10%アップ!余裕のパワーが貴方のものに・・・
どーですかーっ!

<7月20日追記>
1985年「ホンダショップ和光」の広告を見ると、220ccキットを組み込むためにはクランクケースの加工が必要になるとの記載がありました。
と言うことは、スリーブが大きい物に入れ替えられていると推測されますので、TLRのシリンダーをそのまま67φにするのは無理なのかも知れません。残念!

2009年7月11日土曜日

TLR200 またもや水道用Oリングでの補修です。

「私だ!」

「お前だったのか!」

と言う事で、「今日も暇を持て余した、オッサンの遊び・・・」ですねん。

なんだかんだと言っても結構調子の良いTLRなんですが、以前からオイルが漏れていたのですぅ。

2009_0711buratto-club0028.jpg

で、手前の配線の出てる部分に,液体パッキンをヌリヌリして置いたんですが、まだ滲んでいるようです。
塗り方が悪かったのかな~とも思ったのですが、「ピックアップコイルのOリングも怪しいよね~」と、神々の声が聞こえたもので、手持ちのOリングを探してみたのですが・・・

2009_0711buratto-club0016.jpg

違うし。なんのOリングかも分からないし・・・

で、真面目にパーツリストで確認すると、内径14,8mmの線径2,4mm。
これって、工業用のP-15と同じサイズじゃないですかぁ。
となれば、ホームセンターで水道用を買ってきませう。

2009_0711buratto-club0021.jpg

ほれ!同じ。誰が何と言っても同じ。
みの もんたが「使えませんよ奥さん!」と言っても同じ。

2009_0711buratto-club0024.jpg

これでいいのだー。今日も136円÷2で修理が出来たもの~

しか~し!エンジンは結構調子良いのですが、ちょっと臭いが・・・
黒煙、白煙がモクモクと言う訳では有りませんが、乗ってる人間と同じく加齢臭なのねー。


2009年7月8日水曜日

TLR200 ロータープーラー

何時ものように?20年以上前の情報です。
TLRのフライホイールは、リヤのアクスルシャフトで外せるのさっ!と、聞いていたんですが・・・
リヤのアクスルシャフトで外せるのは、TLRよりも古いモデルのTL125バイアルスやイーハトーブだけでしたーっ!悲しいです。

仕方が無いので・・・

2009_0708buratto-club0006.jpg

興和(ホンダ純正)を買う財力が無いので、ヤマハ純正(580円)を買いました。

2009_0708buratto-club0012.jpg

プーラーはこれで良いんですが、今まで使っていた回り止めが使えないので、新たにベルトタイプのフライホイールホルダーが必要ですねー。

今回はハンマーを使って付け外しをしてみましたが、どれ位のトルクで締めたのかさっぱり分かりません!(きっぱり!)
しっかり締めた筈ですが、緩ければウッドラフキーが飛ぶ事でしょう。

2009年7月4日土曜日

TLR200 クリップ位置

自作ハイカムを組み込んだ時点でのクリップ位置は2段目でした。
しかし、アクセルとエンジン回転の合わない部分が有り、これは使えないな~と言う結論だったのですが、1段半で普通に回るのなら2段も使えるだろうと、再度2段目に戻してみました。

2009_0702buratto-club0003.jpg

エアースクリュー2回転と4分の3戻しでは、開け始めが少し濃い感じですが普通に回ります。
自作ハイカムを組み込んだ直後の、あの不調は何だったのか?

と、1月から自作ハイカムで乗ってみた訳ですが、TLRの乗り方が分からない!トライアル的な走りにはスタンダードのカムが合っている!訳が分からなくなった!と言う事で、スタンダードに戻してみます。