2013年1月27日日曜日

TLR200 油圧クラッチ 蓋製作と・・・

マスターシリンダーの蓋が信頼出来ないのでアルミで作りました。

20130127001.jpg

手前の切れ端(簡単に折れてしまったモンキーのナンバーブラケット)を使います。

20130127002.jpg

小一時間程で出来る予定だったのですが、ネジ穴の修正をしてたら3時間ほどかかってしまいました。(半泣)
横の切り込みは空気穴です。

20130127003.jpg

確認せずに削ったので、凹み部分が少し小さかったようです。
ま、ダイヤフラムが貼り付かないようにしただけですので、良しとしましょう。

20130127004.jpg

かんせ~い!
バッチリ!漏れは無いようです。

と・・・

20130127005.jpg

レバーの角が気になったのでま~るく削りました。
少しマシになりましたが、このレバーは細過ぎの短過ぎですな~

今日の時点でフルードの漏れは無く、一応これで完成としま~す。



2013年1月26日土曜日

TLR200 油圧クラッチの取り付け

お待たせ!
何時まで待たせるねん!死ねばいいのに!と怒られそうなので、取り付けました。

20130126001.jpg

ブラケットとホルダー部分が一体化されたタイプですので、グリップラバーとスイッチを外さなければなりません。
面倒臭いです。

20130126002.jpg

ネ、ネジが・・・
ので、短いものに換えました。

20130126003.jpg

ロッドを押し込んだ状態にして、注射器でフルードを満たしている所です。
で、ホースを接続したらロッドを引っぱり出してエアをホースの中に入れます。(イメージです。見えませんからね)
エアがホースに入ったら、(絶対イメージです)ホースをドライバーなどで下から上へコンコン叩いてエアをマスターシリンダーの方へ上げて行きます。(なにがなんでもイメージですってば・・・)
後は根気良くレバーをキコキコしたら・・・ボコッ・・・ボコッ・・・とね。
エアが出なければ再度ロッドを押したり引いたりしますねん。

20130126004.jpg

完了!

20130126005.jpg

油圧は取り回しに気を使わなくてすみます。

んで、最終点検をしていたら・・・

20130126006.jpg

フンギャー!
軽く締めただけなのに、わ、わ、割れてるしー!

20130126007.jpg

外してみたら粉々状態!
一体どんなプラスチックを使ってるのか・・・

20130126008.jpg

とりあえずアロンアルファで接着してみました。

20130126009.jpg

コンビニまでのテスト走行後です。
見えなかったヒビからフルードが漏れてます。
もう一度接着を試みるか、新たに製作しなければならないようです。

クラッチの機能は問題ありませんでした。
今までエクステンション棒で軽くしてたので重く感じますが、ノーマルより微妙に軽いかも知れません。
ダイレクトにクラッチのバネを感じるので、これは良いかもです。
ただ、レバーが短いのと変な曲がり方をしてるのが気になります。
慣れれば気にならなくなるのか・・・?

問題は、マスターシリンダーの蓋と、各部からフルードの漏れがないかです。
もう少し様子をみなければなりません。



2013年1月13日日曜日

TLR200 油圧クラッチ 空気穴の加工

ちょっとした改良です。

20130113001.jpg

キャップを付けた状態と外した状態では、キャップをした時の方がロッドの動きを重く感じます。

20130113002.jpg

キャップで密閉?する事によって空気の逃げ場が無くなり、抵抗になっているのでしょう。

20130113003.jpg

一応、キャップに当たる部分に溝を設けて、空気をネジ側に逃がそうとしてるようですが、ネジ山同士密着してますので、スムーズに空気が出入りしてるとは思えません。
空気の通路を作らねば・・・

20130113004.jpg

元からの溝に合わせて、空気の通路を2箇所設けました。
キャップ側も同じ所を削ってます。

20130113005.jpg

完成!キャップを外した時と同じ重さになったようです。

これで下準備は全て完了!後は取り付けるだけです。

んが、路上整備には辛い季節。今しばらくお待ちくださいねー。
(って、また引っ張るのね~)



2013年1月12日土曜日

TLR200 油圧クラッチ アーム側延長

ボールチェイン用カップリングをウダウダと弄ってみたのですが、強度が気になり結局止める事にしました。
で、M2のスペーサー購入か製作を考えたのですが、ワイヤーで引っ張ってるものがM2のネジで持つのか?と心配になり・・・

20130112001.jpg

クラッチアーム側を延長する事にしました。

とうとう本気ですな~

20130112002.jpg

妄想ではとっても簡単!
穴を開けて切るだけなんですが、延べ1日半~2日かかりました。
あ~嫌だ嫌だ・・・

20130112003.jpg

妄想だけで作ってたのでちょっと失敗!

20130112004.jpg

クラッチアームに取り付けるM4ネジが回せなかったのだー!
妄想だからどうしようもないのだー!
作った部品側を回すしかないのだー!

取り付けは何れまた。(まだ引っぱるのねー)



2013年1月6日日曜日

TLR200 油圧クラッチ ロッド延長 試案その2

ちょっとだけよぅ

20130106001.jpg

アルミの切れ端に穴を開けてと・・・

20130106002.jpg

繋いでと・・・

全体で5cmほど延長したのね~

取り付けは何れまた・・・(ひっぱるのね~)



2013年1月5日土曜日

TLR200 油圧クラッチ ロッド延長 試案

M2の高ナット(長ナット・スペーサー)が手に入らないので・・・

20130105001.jpg

ボールチェイン用カップリングと、M2×15㎜(これが一番長かった)のネジを買ってきました。

20130105002.jpg

穴を拡大。

20130105003.jpg

ああして、

20130105004.jpg

こうして、

20130105005.jpg

こうなった。

このままでも使えるでしょうが、アジャスト用のナットを入れるために、カップリングとカップリングの間にアルミ板を入れて、あと1~2㎝延長してみるつもりです。

と、カップリングの穴を拡大したので強度がちょっと心配です。もう1サイズ大きなものにした方が良かったかも・・・



2013年1月3日木曜日

TLR200 油圧クラッチの・・・

続きです。

20130103001.jpg

一番の問題はロッドが斜めになっている事。

20130103002.jpg

一度外して捩じ込み直しただけですが随分マシになりました。
斜めにも真っ直ぐにも捩じ込めると言う不思議なネジ穴です。
これは、絶対!特殊技能者の仕事ですね。
で、この状態を維持するためにアロンアルファを流し込んで固定し、メタルラバーを拭きつけて組み立てました。

20130103003.jpg

んで、取り付け確認です。

案の定ロッドが短い!延長しなければ・・・

20130103004.jpg

う~む、やっぱりM2が無い!
高ナットとM2のビスで延長しようと思ってるんですが、何処にでもは置いてませんね~
検索したらMonotaroに有ったんですが、こんな小さなナットだけ注文するのもね~

もう少し考えてみます。