2013年10月10日木曜日

TLR200 簡易バネテスターからの・・・

構想1ヶ月。製作時間30秒。

20131010001.jpg

簡易バネテスターです。

で・・・

20131010002.jpg

こうして・・・

20131010003.jpg

スロットルバルブスプリングの測定をしますねん。
(1㎜縮んだ状態を測らなければならないのですが、誤差を出来る限り小さくしようと10㎜縮めた状態で測定してます。ので、正しい値は表示の10分の1になります。)

結果・・・
TLR200用スプリングは0.04kg/mmで、現在使っているNSR50/80用のスプリングは0.014kg/mmでした。
と言う事はTLR用の37%のバネレート。
半分以下の弾性力でも充分アクセルは戻るんですね~

んで、使えなかったTLM200/220用のスプリングはと言いますと、さらに軽い0.012kg/mmで、な、なんとTLR用の12%!

う~む、もっと軽くしても良さそう・・・?

と言う事で、当初の目的通りTLM200/220用のスプリングと同じバネレートにしようと、TLM用の径20㎜を、径18㎜にしたものをバネ屋さんで巻いて貰いました。
値段は1本800円+消費税でした。

20131010004.jpg

線径が少し違うのが分かると思います。
右側がTLM用と同じ線径0.9㎜で、バネ径を18㎜にしたものです。
左は同じサイズで、線径を1㎜にしてバネレートを20%強化したものです。これでNSR50/80用と同じバネレートになる筈・・・だったんです。

が、がーん!

実は、バネ径によってもバネの強さが変わる事は知ってたんですが、たったの2㎜小さくなるだけなのでその差は微々たるものだろうと軽く考えていたんです。
しかし!バネ径20㎜の2㎜は大きかった!
線径0.9㎜で巻いて貰ったものが0.018kg/mmで、線径1㎜で巻いて貰ったものは0.021kg/mm。
なんと!0.9㎜のままの方が、NSR50/80用とほぼ同じバネレートになってしまったのです!
20%強化して貰ったものは0.021kg/mmで、TLR用の50%ほどのバネレートになってしまいました。なんのこっちゃ!

残念!これではテストにならない!(泣)

笑う門には福来たる!早起きは三文の徳!とはこの事か!(違います)